東京アメリカンクラブ・ハンディキャップトーナメント

セレブが多く、海外とのつながりの深い東京アメリカンクラブ。

日本にいながらワールドを感じられるこのクラブが、ワールドスカッシュデーのために、普段は取材にも入れないのを特別に入れて頂きました。案内役をしてくれたスタッフの上山さんやメンバーの若林さんは、当然ながらごく普通に英語でメンバーとの会話をします。

このトーナメントは、誰もが勝つ機会を得られるように、スカッシュ担当堀江コーチが参加者にハンディを設定しています。みんなが楽しめる企画はワールドスカッシュデーにぴったりです。

コメントは受け付けていません。